2017年5月26日金曜日

KJS・アルカイールスクール学校交流会

24日火曜日は、カラチ日本人学校にアルカイールスクールの児童生徒16名と先生方をお迎えして、学校交流会を実施しました。
渋滞で少し予定が遅れ、首を長くして待つKJSの子どもたち。バスでやってきたアルカイールスクールの子どもたちは、少し緊張した様子でした。拍手でお迎えします。
小ホールに整列し、開会式を行います。必要なことはウルドゥー語でも説明し、パキスタン国歌もみんなで歌いました。
式の後はそれぞれの学年に分かれ、少人数での活動です。同じ年齢の子どもを学級へ案内した後、企画し準備してきた活動をそれぞれ行いました。
学年ごとの少人数活動が終わって、次は全体で遊びます。ケイドロとドッジボールで、暑い中走り回りました。総勢30人での活動はしばらくKJSでは見られなかったもの。なかなかの壮観です。
大汗をかいて笑い合った活動の後はいよいよお別れです。全体で撮影した写真とお菓子をプレゼントしました。
閉会式を終え、バスを見送ります。窓ガラスには黒いフィルムが貼ってあり車内は見えませんが、アルカイールの子どもたちを乗せたバスが門を出て行くまでみんなで手を振りました。
次回は2学期、会場をアルカイールスクールに移して実施する予定です。早くも次回交流会が楽しみな、KJS一同です。

2017年5月17日水曜日

暑い日のしっぽとり

5月3週目に入りました。ラマダン(断食の月)のスタートを来週末に控え、準備などでなんとなく町が慌ただしい雰囲気に包まれつつあるカラチです。
16日火曜日は、企画委員会による集会で「しっぽとり」ゲームを行いました。全校児童生徒が2グループに分かれて、決戦です。
5月の遠足以来、KJSの子どもたちに人気のしっぽとり。タグラグビーの装備を使って行うのですが、これがなかなか白熱します。
2試合終了時点で1勝1敗と決着がつかず、最後の3試合目へ。結果は・・・大差でオレンジ色チームの勝利。走り回って、元気に活動しました。
最後は整列し、全体で挨拶をします。暑いカラチ、文字通り熱い戦いのひとときでした。

2017年5月11日木曜日

パキスタンのお菓子作り



5月2週目、いよいよ日中だけではなく朝夕も汗ばむ暑さになり、本格的な夏の始まりを感じさせるカラチです。9日火曜日のカラチタイムは、「パキスタンのお菓子作り」。南アジア地域を中心に食されるライスプディング、「キール」を作って食べる体験活動を行いました。
キールにはカルダモンなどのスパイス、ナッツ類が欠かせません。ビニール袋に入れてたたいて細かく砕きます。机の上で始めましたが、思うように行きません。「先生、床の方がやりやすいです。」と本場ならではの方法を採用します。
鍋に1リットルの牛乳とキールミックスを入れて火にかけますが、とにかく暑い!汗だくになりながら、どうにか形になってきました。
紙コップに移して、冷やします。できたての温かいものを食べる食べ方と、冷やして食べる食べ方の両方があるキール。どちらもトライして、食べ比べました。
上手く固まらなかったり、こがしてしまったり、カルダモンの香味がいまひとつ好きになれない子がいたり。なかなか一筋縄ではいかないお菓子作りでしたが、パキスタンの味を満喫して、まとめを行いました。お菓子にも日本との違いがあり、文化的な相違があることを学んだ一同でした。


2017年5月9日火曜日

炎暑の遠足

5月に入りました。すっかり夏の日差しの中、カラチ日本人学校では子どもたちが元気に活動しています。
4日木曜日は遠足で、パキスタンエアフォースミュージアム(PAFミュージアム)へ出かけました。15分の道のりですが、バスの中から笑顔がはじけます。
着いて最初の活動はKJSオリエンテーリング。全校生徒16名が3チームに分かれて、広い園内のチェックポイントを探します。
午前中ながら気温がどんどん上昇する中、協力していろいろなミッションをクリアして、全チームがゴールへたどり着きました。
レクリエーションは小学6年生の運営です。自分たちで計画し、司会進行も上手にできました。
レクリエーション中もとにかく暑い!ハンカチ落とし、どろけい、しっぽとりで白熱する姿からは、カラチの子どもらしいたくましさが感じられました。
レクリエーションが終わってお弁当を食べます。100ルピー分のおやつも食べ終える頃には、また元気を取り戻しました。さあいよいよ乗り物に乗るぞ!
ここで停電というまさかのトラブル発生で、発電機で動く乗り物だけしか稼動しないという残念なことに・・・。しかしながらコーヒーカップで全力でハンドルを回し続け、妙にスピードの出る観覧車に乗り、みんなで悲鳴(?)を上げつつ、カラチの遊園地を満喫できました。
暑い中、新しい仲間と親睦を深めた遠足。また一つ、カラチの思い出ができた一日でした。

2017年5月2日火曜日

ベーカリーに行きました


 3週目に入りました。カラチはいよいよ夏の日差し。スイカ、ゴーヤ、ナスなど夏の果物や野菜がおいしい季節になりました。
25日火曜日は平成29年度カラチタイム体験活動の初回。今年度も学校近くのベーカリーと商店で買い物をしました。新入生を迎え、総勢14名での活動です。
2年目の子ども、3年目の子どもたちは見たり聞いたり話したり、そして試食したりの活動にも余裕が感じられました。「アッサラームアレイコム」だけではなく、「◯◯チャイエ(◯◯をください)」など、堂に入ったものです。
小学1年生を初めとする1年目の子どもたちも、いろいろな物を見て、積極的に店員さんとやりとりをしようと試みました。見る物がみな新鮮です。
今年度は厨房を見学させていただきました。大きなオーブンで焼かれる大量のクッキー、慣れた手つきでどんどん作られるサモサ、そして汗を流して一生懸命働くみなさん。カラチに住んでいてもなかなかできない貴重な体験です。
商店では、個人の買い物の他に、次回以降のカラチタイムで調理体験を行う、インド・パキスタン文化圏で食されているデザート「キール」のスパイスを購入しました。どんな物ができるのか、今から楽しみです。
学校に戻って昼食と一緒に買ってきた物を食べて、カラチの食文化体験に成功した一同。今年度も国際理解、学び方や考え方の向上等を目標に、カラチタイムを計画して行きます。

2017年4月30日日曜日

水泳授業が始まりました

カラチ日本人学校は早くも二週目を終えました。新入生も元気に学校生活を送っています。
20日木曜日には水泳授業が始まりました。いつもの通りバスで移動します。毎週の活動でお借りしているNational Sailing Centreのプールが改装されていて、昨年を知っている子どもたちの口からは驚きの声が漏れます。
早速体操をして、泳力の確認です。久しぶりのプールだと、なかなか思うように泳げません。少人数のクラスに分かれて練習しました。
早くも30度を超え、暑いカラチですが、プールで元気いっぱい活動する子どもたちです。

2017年4月13日木曜日

新しい一年が始まりました

 4月12日、カラチ日本人学校は平成29年度初日を迎えました。春休みを挟んでまた一回り成長した子どもたち。今日は始業式、そして入学式です。
新入生3名が担任と一緒に入場し、式が始まりました。少し緊張気味の新入生。お兄さんお姉さんになった在校生が拍手で迎えます。
暑い暑いカラチでしたが、新入生の元気な返事と在校生の立派な態度があり、そして保護者の皆様、来賓の皆様の温かいご支援をいただき、新年度のスタートにふさわしい入学式となりました。
お忙しい中そしてお暑い中、ご列席いただきました保護者の皆様、来賓の皆様に心より感謝申し上げます。平成29年度のカラチ日本人学校に皆様の変わらぬお力添えを賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

2017年3月17日金曜日

卒業そして新たなスタートへ


本日3月17日は平成28年度最終日。卒業式、修了式、お別れ式で、それぞれの卒業と進級を喜び合い、別れを惜しみました。
卒業式では二人の卒業生が校長先生から卒業証書を受け取りました。二人のカラチ生活は約1年半。その間にいろいろな出来事があり、いろいろな出会いと別れがあって、心も身体もずいぶん成長しました。
兄妹二人での答辞、全校合唱「旅立ちの日に」、校歌斉唱。小学校から中学校へ、中学校から高校へ、そしてカラチから日本へ。それぞれ環境は変わりますが、兄妹力を合わせて、自分の道を歩んでほしいと思います。
修了式では、一人一人名前を呼ばれ、校長先生から修了証書を受け取りました。昨年の4月から比べるとどの顔も、一回り二回りたくましくなりました。
最後の学級活動を経て、お別れ式。卒業生二人を含む三人の児童生徒がカラチを離れます。みんなからのメッセージを集めた寄せ書きをプレゼントし、本当に最後の校歌を全員で歌いました。車で出ていくのを見送るみんな。涙でお別れしました。
KJSの一年間の活動が本日をもって終了し、年度末・年度始の休業に入りました。本ブログの更新も今年度これが最後です。1年間ブログをご愛読いただいた皆様に心から感謝申し上げます。今日でゴールテープを切り、そして新たなスタートへと準備を始めるKJS一同です。

2017年3月15日水曜日

最終週です

いよいよ最終週を迎えたカラチ日本人学校です。卒業式を目前に控え、学年のまとめの活動を行っています。
9日木曜日は、図書委員会主催のスタンプラリーで盛り上がりました。図書委員作の問題を、本を読みながらみんなで考えます。全問正解者には手作りのしおりがプレゼントされました。
13日月曜日は、ランニング大会が開催されました。学校の狭いグランドからDHAの広いグランドへと場所を移して、それぞれの距離をのびのびと走りました。保護者の皆様、応援ありがとうございました。
14日火曜日は外国語活動のまとめとして、英語劇「Momotaro」を行いました。演者も観客も、みんなで楽しみました。笑顔が溢れたKJSの平成28年度も、いよいよ残すところ数日です。