2017年9月26日火曜日

KJS音楽祭・夏祭り

9月23日土曜日、カラチ日本人学校では今年も育友会や日本人会の皆様のご協力を得て、KJS音楽祭・夏祭りが盛大に行われました。
前日はステージ上で練習を行いました。各学年の音楽発表、全体でのソーラン節、ステージだとどちらも勝手が違います。練習して翌日に備えました。
そして本番当日。登校してくる子どもたちの表情は楽しみ半分、緊張半分。来てくれるお客様のためにみんなで会場のセッティングをして、少し練習をして、スタートを待ちます。
いよいよ本番。開会式ではスローガン発表を行いました。大きな声で元気に発表すると、緊張がほぐれてきたようです。
続いて音楽発表。日頃の学習の成果を見てもらうべく、お互い協力し合い、声を掛け合いながら練習してきた合唱と合奏でした。
ステージの上で緊張からか手や声が震えている子も(大人も?!)いましたが、みんな最後までやりきりました。「精一杯できた!」「頑張ってできた!」という充足感が表情からうかがえました。
合唱と合奏が終わったら、はっぴを身にまとい、ソーラン節の発表です。1年生は初めて踊るソーラン節。大きな声で、体をいっぱいに動かして元気に踊る姿は、お兄さんお姉さんにも負けていません。太鼓のリズムで、昨年以上に迫力のある堂々とした発表ができました。
休憩を挟んで次は夏祭りです。育友会のご提供によるおいしいビリヤニやベイクドを味わいました。提灯の下で浴衣や甚平を着て食事する姿は、日本の夏祭りそのものです。
昨年同様、今年もお父さんたちと日本人会有志の皆様による射的やヨーヨー釣りの出店もありました。大人も子どもも、祭りのひとときを楽しみました。
最後は閉会行事、そして全員で記念写真。カラチで過ごしたお祭りの一日が、子どもたちの大きな成長につながったことは間違いありません。お骨折りいただいた皆様に、この場を借りて心より感謝申し上げます。
次の行事は運動会。練習がまもなく始まります。引き続き子どもたちの教育にご支援を賜りますよう、お願いいたします。

2017年9月19日火曜日

音楽祭へ向けて練習中


9月も中盤を過ぎ、夏の暑さの戻りを感じる今日この頃、カラチ日本人学校では9月23日に迫ったKJS音楽祭へ向けて、練習に取り組んでいます。
19日火曜日はリハーサルを行いました。開閉開式では、一列に並んで一人一人が元気に自分の分担を発表します。
音楽の部では、音楽の時間に練習を重ねてきた成果をみんなの前で初めて披露します。仕上がりは上々。本番に向けて、どのようにすればもっといい発表になるか、考えるきっかけになりました。
大きな声で元気いっぱいのソーラン節。一回踊るとみんな汗だくです。お互いの踊りを見てアドバイスし合ったり、上級生が下級生に教えたり、教えてもらったり。異年齢集団で協力して練習してきました。
音楽祭まであと少し。より充実した発表を目指して、頭を使って、体を動かして、心を成長させるカラチ日本人学校の一同です。





2017年9月12日火曜日

2学期頑張りたいこと

 9月第2週です。日本人学校では引き続き安全対策工事が続いています。校庭の芝生も、シェードもようやく一部分が戻ってきました。
朝会は「2学期頑張りたいこと発表」。学級の代表1名が、1学期と夏休みの反省を踏まえて、2学期の目標や抱負を発表しました。
「運動会があるからスポーツを頑張りたい」「音楽祭へ向けてソーラン節の練習を一生懸命やりたい」「漢字検定に合格したい」など、2学期の行事への取り組みを目標として挙げる上級生。それぞれの2学期を充実したものにできるよう、児童生徒一人一人を支援していきます。
昼活動では夏祭りで踊る「カラチ音頭」の練習を行いました。手が逆になったり、足が出てこなかったり。昨年覚えて踊った子どもも、1年たつとなかなかうまく踊れません。教える立場の大人が踊れなくて当たり前です(?)。
合唱・合奏練習、図工・美術の作品作り、ソーラン節練習など、音楽祭へ向けていろいろな準備が着々と進行中のカラチ日本人学校です。

2017年9月6日水曜日

2学期始業式

9月5日は、カラチ日本人学校の2学期初日。長い夏休みを終えて、笑顔がならんだ日本人学校の始業式でした。校長先生のお話を聞き、久しぶりに校歌を歌いました。
始業式の後は身体計測。身長、体重、視力を検査します。1か月半の休みを隔てて、体も心も成長していました。
23日のKJS音楽祭へ向けて、今日はソーラン節の練習と図工美術作品作りを全校で行いました。写真は透明なプラスチックの板に絵を描いているところです。それぞれ個性豊かな作品になりそう。仕上がりが楽しみです。
月初めの安全訓練は、地震を想定した避難訓練を行いました。地震発生の放送が入り、机の下に隠れてから、揺れが収まったところで速やかに避難します。いざというときのために備えておくことの大切さを改めて噛み締めた一同でした。

2017年8月29日火曜日

夏休み最終週

8月もあっという間に最終週を迎えました。灼熱の暑さが少し和らぎつつあるカラチでは、9月初めのバクライード(犠牲祭)に向けてそこかしこの空き地だった場所にヤギや牛のマーケットができています。学校の畑では綿花の白い花が咲いていました。
日本人学校の安全対策工事も進んでいます。始業式を約一週間後に控え、門や塀を含めた全体の様子が明らかになってきました。

職員室も小ホールも窓を内側から板でふさぎ、外壁の補強工事を行っています。職員室の中で仕事をしていると、外からほとんど光が入りません。
新しい門扉もできました。今までの青い鉄の扉よりも厚みがあって重々しい感じです。出入り口からは工事関係者の皆さんが忙しく出入りしています。
始業式はバクライード明けの9月5日。カラチ日本人学校の皆さん、2学期初日の学校は果たしてどのようになっているだろうかと、どうぞ楽しみにして、学校に来てくださいね。私(富樫)も楽しみなような不安なような。始業式で皆さんに会えるのを楽しみにしています。

2017年8月21日月曜日

壁ができました

8月4週目に入る21日月曜日です。カラチ日本人学校の外壁工事は順調に進んでいるようで、今朝も多くの人が働いてくれていました。
鉄棒の奥、校庭を挟んで校舎の反対側、どちらの壁も随分高くなりました。小さな魚がたくさんいた水槽は、大きな穴になっていました。
先週木曜日にはショベルカーが、資材やがれきを運んでいきました。校庭横の通路も、コンクリートが固められていよいよ完成間近のようです。
まだ先は長いと思っていた夏休みも、気が付けば1か月が過ぎています。カラチ日本人学校の子どもたち、楽しく充実した夏休みになっていますか?宿題は順調かな?残りの夏休みでもたくさんの思い出を作って、自分が心も体も成長できるように、身の回りのいろいろなことに自分からチャレンジしてみましょう。

2017年8月15日火曜日

独立記念日と終戦記念日


1945年8月15日は太平洋戦争終結の日。それ以来日本では毎年8月15日を終戦記念日として、各地で様々な式典が行われます。一方1947年8月14日にイギリスから独立したパキスタンでは、8月14日を独立記念日として、あちこちで国旗を掲げ、今年もセレモニーが行われました。一日違いの記念日を持つパキスタンと日本です。独立記念日を過ぎ夏休みも中盤、カラチ日本人学校では校舎の安全対策工事が順調に進んでいます。
基礎工事がほぼ終わり、いよいよ高い塀ができ始めました。校舎南側の工事の様子を見れば、今までの塀と比べより高く、より安全性を増しているのが一目瞭然です。
校庭を見ると、工事開始以来山になっていた土が撤去され、平らになりました。これで学校が始まっても鬼ごっこやケイドロ、サッカーが出来そうです。
毎日たくさんの人が暑い中働いて、少しずつ完成に近づいている安全対策工事。独立記念日を過ぎ、新しい季節の訪れを感じるカラチです。

2017年8月7日月曜日

工事が順調に進んでいます

8月2週目です。学校では、子どもたちを迎える準備が順調に進んでいます。畑の植物がずいぶん大きくなっていました。
7月7日の本ブログで紹介した、樹木の中の朝ランニング。それと同じ角度で撮影した写真です。工事の進み具合がよく分かるので、ぜひ見比べてみて下さい。ブロック塀の上の鉄柵、古い扉、いろいろな設備を撤去し、新しくなっていきます。
校舎入口側は、穴を掘って鉄筋を組んだ場所がコンクリートで固められていました。3メートル近くある長い鉄筋が、等間隔で並んでいます。
毎日汗を流して働いてくれる作業員の皆さんのおかげで、毎日景色が少しずつ変わっていきます。夏休みも休まないカラチ日本人学校です。



2017年8月1日火曜日

8月です

今日は8月1日、夏休みも3週目に入りました。子どもたちのいないカラチ日本人学校では新学期へ向けて学校内外の点検と更新が進んでいます。
学校の安全対策工事は外壁の強化から始まり、終業式に比べて校庭はずいぶん様変わりしました。毎日多くの人が学校のために働いてくれています。
図書室は黒板が撤去され、壁面に新しい書棚が設置されました。始業式の日には今までよりもさらにたくさんの蔵書を備え、使いやすい図書室になっているはずです。
日本人学校の子どもたち、保護者の皆様、元気ですか?宿題は予定通りに進んでいますか?夏休みはまだまだ続きます。それぞれの場所で、有意義に過ごして下さいね。

2017年7月14日金曜日

1学期終業式

4月から始まった平成29年度は、本日7月14日の終業式で1学期を終え、夏休みに入ります。
11火曜日朝活動は、図書委員会による「KJS読書クイズ大会」でした。本の内容に関するクイズを図書委員が作成し、担任を含むクラス対抗で答えていきました。
「エルマーのぼうけん」「マジックツリーハウス」「スーホの白い馬」など、子どもたちに人気のある名著からの問題。優勝は小学1年生クラスでした。終わってから「先生この本読みたいです。」という声が聞こえてくるなど、本を読みたくなる集会でした。
13日、1学期の水泳最終回は、第2回検定でした。「25メートル泳いでみたい。」「100メートルがんばりたい!」それぞれ定めた目標達成のために、一人一人が精一杯泳ぎました。
14日は12人の子どもたちと先生で、1学期の終業式。各学級の代表が1学期の思い出、反省、成果について発表し、お互いの成長をしみじみ実感しました。
泣いたり笑ったりのいろいろな出来事を経験し、この1学期でますます成長したカラチ日本人学校の子どもたち。通知表を受け取って、いよいよ明日から夏休みです。